CLOSE MENU

RECRUIT採用情報

MEMBER
メンバー紹介

業務の効率化/電子化を通じて会社を進化させるのが私のミッションです。

SCM本部 営業支援部小林 晴菜

幼稚園教諭から事務職にチャレンジ。2019年派遣社員として入社し2020年より正社員として勤務。入社後から一貫して受発注業務をメインに担当している。
<小林 晴菜/SCM本部 営業支援部/2019年入社 >

小林 晴菜

Q.これまでの経歴、ライフドリンクカンパニーへの入社理由についてお聞かせください。

元々は幼稚園の教諭として認可こども園で働いていました。その後、資格取得の時間確保や様々な業務に挑戦できるメリットを感じて派遣会社に登録し、ライフドリンクカンパニーで働き始めました。1年間ほど派遣社員として働いた後、正社員として勤務しています。

Q.現在、ご担当されている仕事内容について詳しくお聞かせください。

入社後から一貫して受発注業務をメインでやっています。具体的には一日の半分は受注業務、もう半分はお客さまからのお問い合わせ対応や納期調整や納期回答、伝票発行などを担当しています。2020年に正社員になってからは消費者からのお問い合わせ担当や棚卸業務なども新たに任せてもらっています。

Q.入社後に苦労したことはありますか?

幼稚園の教諭と事務職ではまるで仕事内容が違いますので、まったくの未経験からのスタートでした。オフィスワークはドラマの世界のイメージでしたね(笑)。一番苦労したのは、テンキー入力や営業資料の作成です。PCの入力作業でさえ不慣れだったので、テンキーを使う速度はかなり遅かったし、資料作成する時もExcelの関数を教えてもらうところから始まりました。本当に一から教えてもらって、個人に合った形で顧客の割り振りもしてもらえたので何とかやってこられました。

Q.ライフドリンクカンパニーだからこそ味わえる仕事の醍醐味は何でしょうか?

未経験から始めてまだ日が浅いのに、大きな得意先を担当させてもらっています。取引が大きい分、日によって受発注の振れ幅が大きいし、イレギュラーもあるので大変です。プレッシャーもありますが、大きな顧客を任せてくれた会社の期待やお客さまからの信頼に応えたいと思いますし、大変な分一つ一つ課題をこなしていくことで大きなやりがいを感じています。

Q.ご自身が成長されたと思う点を教えてください。

変化や挑戦を前向きに捉えることができるようになりました!以前は変化することに憶病になっていた為、はじめは葛藤もありましたが、様々なことに挑戦させてもらえる環境に身を置くことで、失敗しても一歩踏み出す大切さを学ぶことができました。入社前の自分では信じられないことですが…。そんな自分の姿勢が一番変わった、成長した点かなと思います。
全くの未経験者にこんな機会を与えてくれて本当に感謝しています。

Q.今後の目標はありますか?。

業務の効率化/電子化が営業支援部の直近のミッションです。いま営業支援部は10人弱。人数を増やすより、効率化/電子化を促進していくことで、組織を強くしていくことを目指しています。もちろん、日々の受発注業務も疎かにはできませんので、受発注業務と効率化が私の仕事の両輪です。と言いながらも今は与えられたミッションをこなしていくことで、いっぱいいっぱいです。目の前の業務だけでなく、もう少し先を見据えた業務にもチャレンジしていきたいと思っています。
と言うのも会社の変化が凄いからなんです。私はまだ2年しかいないですが、その間にも業務効率化や電子化など会社がどんどん変化して、進化していっているんです。コロナの影響もあり、受発注業務も旧来のFAXからPCに変わり、DX化が加速しています。変化することでメリットもあれば同時に課題も見えてきます。今までは紙で業務の進捗が確認できましたが、今は電子化でその動きが少しわかりにくくなってしまっています。その辺も改善していくために、システムの連携などチーム全員でアイデアを出し合って、それぞれにとって働きやすい環境づくりをしていけたらと思っています。

Q.ライフドリンクカンパニーで働く魅力は、どのあたりにあると思いますか?

部署の垣根を越えて連携するのが、ライフドリンクカンパニーの仕事の進め方です。受注業務一つをとっても受注担当、在庫担当、配車担当などたくさんの人の協力があってはじめて納品の手配が完了するため、自然にコミュニケーションが生まれ、助け合うのが当たり前の雰囲気。チームで仕事をするのって楽しいって思える環境です! 夏場は繁忙期なので忙しいですが、スケジュール管理は個人に任されているので、残業時間も個人で調整してプライベートの時間も大切にしながら働くことができます。

Q.一緒に働く人に共通していることはありますか?

挑戦心溢れる人が多いんじゃないでしょうか。元々常に変化を繰り返している会社でしたが、コロナによって、その変化の速度がより上がってきていると感じています。そういった変化を楽しめる人が集まっている会社ですね。

Q.入社を検討されている方へメッセージをお願いします。

未経験の状態からでも丁寧に教えてくれる先輩がいるので、安心して挑戦してほしいと思います。お話してきたように私自身が、まったくの未経験から大きな顧客を任されたり、消費者からのお問い合わせ担当を任されるようになったのは、先輩のサポートや会社の環境によるところが大きいです。 良い意味で上下のないフラットな関係性なので、若くても意見が反映されやすいところが大きな魅力です。経験や年齢にこだわらず、ぜひこの会社で新しいことにチャレンジしていただけたらと思います。



※本文中の所属部門や業務内容は、インタビュー当時(2021年6月)のものです。

工場の立て直しを経験して気が付いた、工場運営の本質。

尾鷲工場/工場長野村 篤史

自動車部品メーカーで2年工場勤務を経験し、2007年ライフドリンクカンパニーに入社。工場の管理体制の見直しなどで実績を残し、33歳の若さで工場長に着任。「品質を落とさず生産を確保する」をテーマに尾鷲工場をけん引している。
<野村 篤史/尾鷲工場 工場長/2007年入社>

野村 篤史

Q.ライフドリンクカンパニーへの入社理由についてお聞かせください。

自動車部品メーカーで2年間ほど勤務していました。忙しくて残業が多い分給与も多かったんですが、やりがいがあまり感じられず、若いのにお金が溜まりすぎたせいか若気の至りにより転職を決意しました(笑)。あと、体力的にもきつかったですね。それで地元に戻ってもう少し落ち着いて働こうと思ったんです。
ライフドリンクカンパニーには2007年に入社しました。

Q.現在工場長としてご活躍中ですが、今までのキャリアについて詳しくお聞かせください。

入社後はペットボトル成型部門を担当して、5年ほど勤めた後、成型部門のライン長になりました。その後2017年に会社が合併して社名変更したタイミングで大きく組織も変更となり、製造チームのチームマネージャーとして、成型・充填包装ラインを任されました。さらに工務チームのチームマネージャーも兼任するようになり…どんどん仕事が増えていきました。ですが、当時の尾鷲工場はトラブルも頻発しており、問題を主体的に解決する人もおらず、あまり良い状態とは言えませんでした

そんな時、信頼できる先輩に相談したところ、「工場の立て直しのポイントは“生産管理”だ。数を数えられない工場は何もできない。まずはそこをしっかりと立て直す事が先決。これはお前にしかできないから、畑違いの仕事で今まで以上に心労も絶えないだろうが、気合い入れてやれ」と言われて、生産管理の重要性を認識し、まずは数値面から立て直すことにしました。

当時は在庫も全く管理出来ていないような状態だったので、現場の責任者と話し合い、現場に足を運んでなるべく負荷がかからない方法、帳票類の見やすさや記載のしやすさ、計算方法の簡略化等を一緒に考えました。また、目の前の機械が停止することがその後の作業や顧客にどう影響(迷惑)がかかるのかなど、工場の仕事の流れを改めて丁寧に説明しました。
工場の仕事は点ではなく線であり、きれいな線になっているかを客観的に判断するのが生産管理で行う数字。だから数字は単なる数字ではなく、工場のみんなのがんばりの結晶なんだということを理解してもらいました。

すると「工場に問題意識を持っていたけど何をしていいかわからなかった人」が協力してくれるようになり、気づけばほとんどの人が同じ方向を向き、3か月経ったころには工場が良くなる光がはっきり見えてきました。
そして、半年後の棚卸で数字がバチっときれいにはまったんです。その時には自然に涙が出てきましたね。
この時副工場長になっていて、その後33歳で工場長に就任しました。

Q.若くして工場長になることに不安はありましたか?

言われたときは年齢に関係なくしっかり評価されたことがうれしかったですが、さすがに若過ぎるのではないかと正直思いました。自分より年上の方が多いので、ついてきてくれるか不安でした。実際、副工場長は私よりも年長でした。

そこで、正直に副工場長に相談しました。「僕が工場長になれば、あなたは工場長にはなれなくなってしまうと思います。正直、どう思われますか?」すると、副工場長は「君が適任だと思う。年齢を見てついてこない人もいると思うけど、俺が協力するから一緒に頑張っていこう」と言ってもらえたんです。以降、何があっても相談し合える関係性で、本当に感謝しています。

Q.工場長としてどんなことを意識されていますか?

「品質を落とさず生産を確保する」をテーマにして、様々な目標を設定しました。品質と生産は二律背反ではなく、両方を達成してこそ「良い工場」だと思うんです。そのために、製造、品質管理、工務の3部署の壁を取っ払う必要がありました。双方が緊張感と協力体制を持ちながら運営していくため、定期的なMTGなどで連携を密にしています。

今後は自分の仕事をはがして部下に経験を積ませていきたいです。自分の仕事がなくなっていくのが理想。マネジメントの経験をされている方なら「トップダウン」「ボトムアップ」を一度は耳にしたことがあると思います。どちらも大事ですが、理想はボトムアップできることだと思います。私はボトムアップの視点を少し変え、自分自身が従業員全員を見るのではなく、まずは自分の直下のメンバー(チームマネージャークラス)をしっかり見て育てることをポイントとしています。そうすれば、その自分の直下のメンバーがその下のリーダーやチーフのメンバーをしっかり見て育ててくれる…この連続で組織として綺麗にボトムアップができるようになると考えています。

Q.入社を検討されている方へメッセージをお願いします。

尾鷲工場は困難な時期もありましたが、今はとても働きやすく、レベルの高い工場になってきました。さらに良い工場に目指すため頑張ってくれた人は公平に評価し、チャンスを与えます。自分自身の目標やキャリアイメージをしっかり持ち、まっすぐにその目標にむかって努力していけばしっかりと評価のされる会社であり、自分自身がしっかりとスキルアップしていける会社だと思います!



※本文中の所属部門や業務内容は、インタビュー当時(2021年6月)のものです。

栃木工場をNo.1にすることが自分たちの責任。

栃木工場/製造リーダー五十嵐 建

機械系の専門学校を卒業後、板金工場の溶接や菓子メーカーの調理業務を経験。元々好きだった“機械”を扱う仕事に就くため、2020年6月ライフドリンクカンパニーに入社。マネジメント経験を活かして、製造リーダーとして活躍中。
<五十嵐 建/栃木工場 製造リーダー/2020年入社>

五十嵐 建

Q.これまでの経歴、ライフドリンクカンパニーへの入社理由についてお聞かせください。

20歳で機械系の専門学校を卒業し、板金工場で溶接の仕事を1年ほど経験しました。その後、菓子メーカーに転職し、開発部門から渡された試作品を工場でロット化するためのレシピの調整業務を主な仕事とする製造技術部門で8年間勤めました。
マネジメント経験も積めたのですが、元々好きだった“機械”から完全に遠ざかり少し物足りなさを感じていました。
そんな時、ライフドリンクカンパニーで働く知り合いから声をかけてもらい、2020年6月ライフドリンクカンパニーに入社しました。

Q.現在、ご担当されている仕事内容について詳しくお聞かせください。

配属は設備の管理、点検などを担当する製造チームでした。製造リーダーとして入社したので、人のマネジメントからトラブルの対応、メンテナンスの計画、交換部品の発注まで様々な管理業務を任されています。
機械を扱う部署ですので自分の希望通りではあったのですが、前職は手作業がメインでしたので、直接経験を活かせる場面はそれほど多くはなかったです。ただ、前職では2つの工場を行き来し、様々なタイプの人をまとめていました。今は20名ほどのマネジメントをしていますが、人をまとめるという面では前職までの経験が活かせていると思います。

また、手作業と機械の違いこそあれ、「トラブルの種を見つけて、事前にトラブルを防ぐ」というメンテナンスの基本は相通じる部分があります。昨日と比べて変化した点に敏感に気が付くなどですね。

Q.仕事の難しい部分、こだわっていること、成長した点などをお聞かせください。

やはり機械の仕事から離れ知識や感覚が薄れていたので、そこのキャッチアップは大変です。でも、機械は好きなので、楽しみながら勉強しています。

拘っているのはチョコ停(※設備が停止または空転する現象で、簡単な処置により現状復帰するもの)に関してですかね。
チョコ停は、文字通り小さなトラブルですが、設備の大きな異常を示す前兆であることも多く、やがては製品の出荷停止や設備の重大な故障に至る可能性があります。
チョコ停を把握し、発生している工程やその回数を把握していくことが、大きな改善につながるケースも少なくないので、そこはなあなあにしないように意識しています。



Q.今後の目標はありますか

栃木工場をライフドリンクカンパニーで1番の工場にしたいです。実際生産量は全工場で1番ですが、稼働率はまだ改善の余地があります。栃木工場は稼働し始めたばかりですが、隣の敷地では倉庫を新しくするなど会社から大きな投資をしてもらっています。生産量も稼働率もNo.1になることが、会社からの期待に応えることであり、私たちの責任であると思います。そのためにも、先ほど言ったチョコ停には拘っていきたいです。
個人的なキャリアでいえば、今はリーダーをやらせてもらっていますが、マネジメント能力がまだまだ足りていません。これからより経験を積み、リーダーの上の役職であるマネージャーにも挑戦していければと思います。

Q.仕事の中での印象的なエピソードをお聞かせください。

製造部門のリーダーとして、機械のトラブル対応は重要な役目です。ですが、機械に対する経験や知識は十分ではなく、入社当初から多くの人に教えてもらってきました。入社して半年ほど経った頃ですが、一つの機械が動かなくなってしまったことがありました。経験豊富な社員も含めみんなで考えていましたが、なかなか原因を見つけられずにいました。ですが、「ここじゃないかな」と自分で考え調整してみたところ、無事機械が直ったんです。先輩からは「そこに気づけるのは凄いね」と言ってもらえ、少し自信につながった出来事でした。

機械は適切な処置ができれば動き出すし、間違っていれば動きません。人間と違ってとても素直でいいなあと感じました(笑)。

Q.ライフドリンクカンパニーで働く魅力は、どのあたりにあると思いますか?

栃木工場は立ち上がったばかりで、メンバーもみな入社後間もない人ばかりです。全員で一からルールや仕組みを考えていきますので、一緒に工場を創っていく感覚を味わうことができます。
機械設備も次々と変わっていくので、新しいことに常にチャレンジしなくてはいけません。個人的には、ルーティン作業が続くと飽きてしまうタイプなので、日々新しいことに挑戦する機会に溢れたこの環境は刺激的ですね。

Q.入社を検討されている方へメッセージをお願いします。

ライフドリンクカンパニーは少数精鋭で任されることが多い会社です。新しい環境に躊躇なく飛び込める方は、積極性が評価される会社なので、どんどん成長できると思います!


※本文中の所属部門や業務内容は、インタビュー当時(2021年6月)のものです。